FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
セージ君、ひっそり活動
掬水月在手 弄花香満衣


我輩はサゲである。名前はまだ長い。


此度、親戚の妹君が出したカードを我輩も手に入れようと思い立った。

げっつ!



しかし洞窟へ足を踏み入れるのは久方振りで在る為、装備の面々に不安を覚えた。
流石に杖で殴ってはFCASの名折れではなかろうか…

そう思案しながら露天商の並び立つ表通りを歩いていると、よく鍛えられた賢者の日記を見つける。
これは啓示か。露天商は価値を見出せぬのか、充分手が届く値段でも在る。
我輩は即座に買取り、死霊工夫の跋扈する廃鉱へ赴いた。念の為、回復の杖も持ちながら。


FCASである




ふむ、中々良いではないか。本は賢者たる我輩の手に馴染む様に、敵を叩いてくれる。
叩くと同時に魔法も発動し、いい感じである。




うお、敵が増えて来おった。ここは速く倒せる工夫から…。




ふう、倒せはしたもののとっさに炎の壁を使ってしまった。避ければどうということはないのに、数で圧されては敵わない。
聊か(いささか)疲れた。FCASとして不本意ではあるが杖に持ち替えて回復を図ろう。
だがプチマジのほうがいいという




…なんだこの殲滅の早さは。なんだこの体力的負担の少なさは。なんだこの今までの苦労の虚しさは。
FCASよりプチマジのほうが強いだと…。

くっ…不覚である。(ばたっ
【2009/04/29 22:37 】 | 狩り日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<久々の警備の前に記事更新 | ホーム | 生体 整体 生態?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。